トップ

下肢静脈瘤と立ち仕事

立ち仕事が辛過ぎる人は

むくみではなく下肢静脈瘤かも

販売員や美容師など、立ち仕事に従事している女性は足のむくみに悩まされていることが多いです。同じ姿勢をとり続けていると、特にむくみが酷くなってしまうことが多いでしょう。むくみの症状が悪化してきて、ただ立っているだけでも辛く感じてしまうこともあります。そういった場合には単なる働き過ぎとして片付けてしまうのではなく、下肢静脈瘤を疑ってみるべきでしょう。下肢静脈瘤にお悩みならこちら。

下肢静脈瘤になると、足がむくむ他にもさまざまな症状が顕れます。むくみが酷い場合には、自分の足をよく観察してみましょう。血管がボコボコしていてコブのように浮き出ていたり、赤紫色になっていたりすると、下肢静脈瘤の疑いが強くなります。

下肢静脈瘤になると血液が足の静脈に漂ってしまうのです。足にエネルギーを運んで、老廃物を回収するという血液の役割が十分に果たさせなくなってしまうため、だるく感じてしまいます。ふくらはぎの付近に不快感を感じてしまうこともあるでしょう。

下肢静脈瘤になったとしても、すぐに命にかかわる事態に陥るわけではありません。ただ、体感的にだるく不快に感じてしまうため、そのまま放置しておくと辛いでしょう。特に仕事で立っている時間が長い人の場合には、早めに治療を受けておいて方がいいです。

下肢静脈瘤という名前はあまり聞き慣れないため、珍しい病気のように思ってしまう人もいるかも知れません。しかし、発症する人はかなり多いです。日本人の約9パーセントの人が下肢静脈瘤にかかっていると言われています。出産経験のある女性に限って見ると、約半数が下肢静脈瘤です。こうしてみると、病名は聞き慣れなくても、かなり身近な病気だということが分かるかと思います。

Copyright © 立ち仕事が辛過ぎる人は. All rights reserved.